大阪で安い引越しを実現するための10のコツ

大阪で安い引越しをするためには、まず、家財道具を減らすことです。シーズンオフの、平日に引越すことや、搬送方法にこだわらないことなども効果的です。また、スケジュールに余裕を持たせ、引越し会社の指定した日時に引越せるようにすると、かなり安い料金にできます。業者によっては、訪問見積もり時に即依頼することで、大幅値引きをするところもあります。荷づくりや荷ほどきを代行してくれるサービスもありますが、そうした作業は自分でおこなうことも大事です。多くの業者が、段ボール箱やガムテープの無料提供をおこなっていますが、それを受けずに自分で用意すれば、数千円割引かれる場合もあります。比較サイトなどを利用し、数社を選び出して、なるべく交渉回数を多くするのも効果があります。

大阪で安く引越しするための方法

大阪は、値引き交渉をする人が比較的多く、定価で当然、高止まりで当然という風潮があまりないため、引越し料金も下げやすくなっています。料金は需給関係で決まり、その需給状況も刻々と変わりますから、最安値に近い料金で引越すには、業者との直接交渉は必須と考えましょう。料金を下げるためにまず必要なのが、荷物を減らすことです。不用品処分の良い機会と考え、必要最小限のものだけ残すような気持で、使用頻度の低いものは、なるべく捨てるようにしましょう。できれば2月から4月の繁忙期は割け、オフシーズンに引越すことも大事です。可能なら平日に引越すことです。時間の自由が利くなら、引越す日時は指定せず、業者側に任せましょう。そうすることによって、格安料金となるのが一般的です。

即決すると大幅値引きがあることも

依頼先を決める前には、訪問見積もりがあるのが一般的です。業者によっては、訪問見積もりの際にそのまま依頼すると、大幅割引きすることもあります。数社の訪問見積もりを受けるのが通例ですから、ちょうど最後の業者が最安値で、しかも即決割引きをする場合は、幸運ということになります。遠方へ引越す場合は、鉄道コンテナを利用するプランを使うと、お得です。他に、混載便を使うという方法もあります。そうしたプランが利用可能かどうかは、直接交渉によってわかることが多く、また、交渉回数が多いほど、安い料金となる傾向があります。交渉をいとわないことが大事です。荷づくりや荷ほどきは自分でおこなうようにします。段ボール箱やガムテープも業者から無料提供を受けず、自分で用意すると、値引きされることが多いです。